豊田市 耳鼻咽喉科 【少ない負担で最適な医療を】 | 鈴木耳鼻咽喉科
鈴木耳鼻咽喉科 HOME

鈴木耳鼻咽喉科 診療案内
診療内容
ご予約方法

鈴木耳鼻咽喉科 よくある質問
耳について
鼻について
咽喉について
その他について

鈴木耳鼻咽喉科 鈴木耳鼻咽喉科につついて
治療方針
院長紹介
院内風景
医院概要
リンク集


    耳について

耳に水が入ったのですが、中耳炎にならないでしょうか?

中耳炎を起こすのは細菌ですが、この細菌は鼻やのどから耳管という管を通って鼓膜の裏の部屋に達します。

鼓膜に穴が開いていない限り、鼓膜の外から中耳に達することはありませんので、耳に水が入って中耳炎になることはありません。

抗生物質のなかった時代には、治療が不十分で慢性中耳炎になり、鼓膜に穴が開いて塞がらない方がいました。
こういう方が水泳などすると中耳炎が悪化して膿がでることがあったので、昔はそういわれたのでしょう。

飛行機に乗ると耳が痛くなるのですが、予防できませんか?

鼓膜の裏側には小さな部屋があり、いつもは耳管という管を通して空気の出入りがあって、気圧の調節をしています。

飛行機のように気圧の変化が激しい時、特に降下時に対応がしにくく耳が痛くなる場合があり、激しい場合は航空性中耳炎にまで進んでしまうこともあります。
予防としては、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎があるときは、のみ薬や点鼻薬を使って鼻の粘膜の状態をよくしておくこと、機内ではなるべくつばを飲んだり、ガムをかんだり、ダイビングの耳抜きをしたりすると楽になります。
いろいろ試しても重い症状が出る方で、飛行機に乗る機会が多い方には、鼓膜に穴を開ける手術をすることもあります。

鈴木耳鼻咽喉科
〒470-0373 愛知県豊田市四郷町東畑300
【お問い合わせ】 0565−45−2255
【自動予約受付】 0565−46−8807
■ はじめて受診される方は、窓口までお越しください ■

耳・鼻・咽喉のことなら、豊田市の鈴木耳鼻咽喉科へ!

COPYRIGHT(C)2007 鈴木耳鼻咽喉科 All Rights Reserved.